インプラント手術

インプラント治療で失敗しない歯科医院の選び方

インプラントの手術で痛みが出るのか気になる方も多いのではないでしょうか?

インプラント手術はきちんと麻酔をするので痛みが出ることは少ないです。

また、恐怖心がある方はうとうとして寝ているような感覚の間に治療できる麻酔もあります。

そこで今回はインプラント手術に痛みについてご紹介します。

【手術中の痛みは?】

インプラント治療は局所麻酔をして行います。

ほとんどの場合、局所麻酔の針を刺す時も表面麻酔をするので、痛みを最小限に抑えることができます。

また、麻酔がきちんと効いているか確認しながらインプラント手術をするので、麻酔が効いていないということはありません。

歯科の治療で麻酔が効きにくい場合は膿が溜まって腫れが強い場合などです。

インプラント治療前には、歯ぐきの状態をきちんとコントロールしてから行うので、麻酔が効きにくい状況はほとんどありません。

ただ、インプラント手術に対しての不安や恐怖心がある場合にはストレスになり、血圧が上がったり脈拍が上がったりする場合があります。

かなり痛みに恐怖心がある場合には『静脈内鎮静法』という方法もあるのでご紹介します。

【静脈内鎮静法とは】

静脈内鎮静法とは静脈に点滴をして麻酔する方法で、全身麻酔と違って意識がなくなるわけではありません。

ただ、うとうと眠っている様な状態でリラックスしている間にインプラント手術をすることができます。

また、手術後もふらつきなどの症状が出ないのを確認して、その日のうちに帰宅することができるので、入院する必要もありません。

【手術後の痛み】

手術後は治療内容にもよりますが、腫れや痛みが出る場合もあります。

通常は2~3日程度でおさまることが多く、鎮痛剤を服用すると痛みが落ち着くことがほとんどです。

まれに痛みが出る方は骨の移植や再生療法をしている方が多く、インプラントを埋入しているだけの方はそれほど痛みが出ない方が多いです。

また手術後に痛みが出ない様に生活で注意することも大切で、手術直後は飲酒や運動は避けましょう。

血流が良くなることをすると腫れの原因になることがあります。

インプラント手術は痛みを最小限にできるように配慮して行われます。

また、不安感が強い方には静脈内鎮静法行うことができます。

そして、もし手術後に痛みが出たとしてもほとんどが鎮痛剤で対処が出来る程度なので安心してインプラント治療を受けてくださいね。

インプラント治療のことなら
30年の実績と経験の宮地デンタルクリニック柏の葉