未分類

インプラントの交換は可能ですか?

インプラントの寿命はお口の環境によって様々です。

どの位インプラントが持つのかは患者さんの生活環境によっても異なります。

ただ、もしインプラントに不具合があって交換が必要な場合にはどのようになるかご紹介します。

【インプラントの寿命とは?】

インプラントの寿命とは、埋め込んだインプラントが脱落するケースをいいます。

インプラントの上には被せ物をしていますが、被せ物が欠けたり、外れたりすることがありますが、それはインプラントが寿命になったわけではありません。

被せ物を再度つけなおしたり、新しく作りなおしたりすることで、インプラント自体はそのまま使用することができます。

インプラントはあごの骨にインプラント体を埋入するので、あごの骨の状態がインプラントの寿命に大きな影響を与えます。

インプラント治療後も口の中の環境が整っていると、インプラントは良い状態で長く使用することができます。

【再インプラント手術とは?】

インプラントが何らかの原因で脱落した場合には、再度新しいインプラントを埋入することができます。

再インプラントの手術の方法は、再手術でも同じ様な治療方法になります。

ただ、前回インプラント手術をした時の状況や、インプラント治療後の経過など詳しいことを把握しているので、同じ歯科医院で手術することが望ましいです。

また、インプラントはメーカーによってシステムが違い、歯科医院によって異なるメーカーの場合があります。

そのため、システムが違うと以前埋入した所にうまく合わない場合もあるので、注意が必要です。

【インプラントの寿命を延ばすには?】

インプラントは虫歯にはなることはありませんが、汚れがついたままになると『インプラント周囲炎』になり、あごの骨が少なくなる原因になります。

インプラントを支えるあごの骨が減少することはインプラントの寿命を大幅に縮めてしまいます。

そのため,汚れがない環境にするためにしっかりとケアをすることが大切です。

毎日、歯磨きやデンタルフロスを使用してしっかりとセルフケアを行いましょう。

また、毎日歯磨きをしていても苦手な部分は汚れが残ってしまうことがあります。

そして、インプラントの状態やかみ合わせを確認するためにも定期的に検診を受けて、お口の環境を整えましょう。

定期検診では汚れがついている部分はしっかりとクリーニングして、その部分の汚れの落とし方も確認します。

また、骨の状態の確認が必要な場合にはレントゲンを撮影して、インプラントのかみ合わせも強すぎないか確認します。

少しでも不具合がある時には早めに対処して、インプラントがより良い状態で長持ちする様にプロケアとセルフケアをしていきましょう。

インプラント治療のことなら
30年の実績と経験の宮地デンタルクリニック柏の葉