お電話でのご予約・お問い合わせ 04-7132-4618

〒277-0882
千葉県柏市柏の葉3-1-3

メール相談
東武バス「柏の葉公園住宅前」バス停前

柏の宮地デンタルクリニック柏の葉|インプラント専門サイト

患者様の声

HOME»  患者様の声

こちらのページでは、実際、当院でインプラント治療をされた方々が感じていただいた事柄を患者様の「生」の声、体験談として掲載していきます。宜しくお願い致します。
(あくまで各個人の方の感想です。症状、場合により全ての方に有効な治療法ではございません。)

Fさん(浦安市在住 61歳・男性・ゴルフインストラクター)

私が、浅草橋の宮地歯科でインプラント手術をうけたのは、1988年頃だったと思います。宮地先生が、柏の葉にクリニックを開設する以前のことです。

当時は、大変な手術でしたが、ゴルフは瞬発力を要するスポーツですから、奥歯をしっかりさせなければ、との強い思いから決断しました。

2008年の現在でもそのインプラントはしっかりと働いています。

ゴルフのインストラクターをやっている私にとって、笑顔も欠かせない要素なので、口もとは非常に気にします。また、至近距離での会話をする場面も多く口臭にも気をつけています。生来きれい好きの私は、入れ歯ではなく固定性の歯でしかも、自分で外してきれいに洗うことのできる歯をいれてもらっています。コーヌステレスコープという円錐台がインプラントの上にネジで固定されていて、さらにその上に歯が被さっているという複雑なものですが、まったく自分の歯のようにしっかり噛めて、しかも外したいときには、外して清掃できて安心です。

その後2004年にはほかの部分にインプラントを2本追加してもらったのですが、昔とちがって、もう終ったの?というくらい簡単に手術は終了しました。

いまでも、時々クリニックを訪れ、アフターケアをしてもらっています。

末永く、自分自身の歯とともにインプラントにも働いてもらおうと思っています。

Tさん(柏市在住 63歳・主婦)

下の歯がまったく失われた状態で、総入れ歯、上は何とか数本の歯があり、部分入れ歯がはいっていました。上のほうは一応止まる歯があるので、噛んでもはずれることはなかったのですが、下の入れ歯ははずれやすくて大変でした。だから、下だけでも固定性の歯ができないものかと、2006年6月に宮地歯科を訪ね、そのことを相談してみました。初日は型採りと、レントゲン撮影をして、さらに詳細な検査の準備をしますとのことでした。

次回には、入れ歯とそっくりな形のマウスピースを渡され、其れを着けて、CTを撮影してくるようにと、病院の予約をとっていただきました。

その結果をコンピューターで見せられた時、私の顎の立体画像ができあがっていたのにはおどろきました。

さらにそれを回転させたり、拡大したり、様々な方向から見ながら私のインプラント設計について説明を受けました。

私の下顎は奥のほうには骨があまりなくて、インプラントをやってもあまり良い結果は望めないが、左右の頤(おとがい)孔という神経の出入りしている穴の間は充分にインプラントができるということでした。そして、インプラントが埋め込まれた画像をみせてもらうと、殆ど顎の骨を貫通しそうなくらいの長い4本のインプラントが、真ん中の2本はほぼまっすぐに、両脇の2本はずいぶん傾いて入っていました。これは、頤孔を避け、しかも奥歯まで歯をのせるためにわざと行う、傾斜埋入と言う技術だそうで、4本のインプラントで奥歯まで12本分の歯をつくるので、オールオンフォー(All on4)と呼ばれているそうです。ちょうど梨畑のネットを支える支柱が外側に傾斜をつけてあるのと同じ原理だ、と言われてなんとなく納得しました。

でも実際にこんなに長いインプラントを口のなかで、傾けていれらるものでしょうか?との不安に先生はこう応えてくれました。

「この立体画像のデータをメールでベルギーまで送ったら、あなたの顎の骨に寸分違わないプラスチック模型を作ってくれます。さらにその模型上で手術の時にドリルの方向をガイドするサージガイドをつくってくれますから、まったく心配はありません。」

「でも手術は痛そうだし、ガリガリ削られると想像しただけで振るえあがってしまいそうです。」

というと、

「痛みそのものは通常の局所麻酔でブロックできますが、恐怖感をとりのぞき、うとうとした気分で手術をうけられるよう静脈内沈静法を使ってやりましょう。」

ということになり、手術の時に麻酔を担当する、歯科麻酔の専門医の予約もとっていただきました。

当日は麻酔医の指示どおりに4時間前から飲食を控え、緊張して出かけました。

まず、歯科衛生士さんが口の中をきれいに清掃することから、始まります。下顎には歯がないので、きれいなのですが、上の残っている歯を徹底的にきれいに清掃してくれました。これは口のなか全体の細菌数を減らすためだそうです。

そして、麻酔医を紹介されて、いろいろ質問されました。

それから血圧計や心電図のついた機械を腕にまいて、いよいよ点滴です。

しばらくは周りで先生やスタッフが準備をしていたのは覚えていますが、その後は「終りましたよ!」と声をかけられるまで、覚えていません。

帰宅後も腫れや痛みは殆どありませんでした。

なんでも、充分な準備がしてあったので手術は予定どおりに75分で終了し、点滴には鎮静薬のほかに、痛み止め、腫れ止め、化膿止めがいれてあるので、手術のあとも楽なんだそうです。

一番心配していた手術はこうして無事に通過しました。

それから、3ヶ月あまりの期間は仮歯がはいっていましたから、何回も調整に通いました。インプラントには負荷がかからないよう慎重に念入りな調整が必要とのことでしたが、3ヶ月後にはかっちりした歯で噛めるようになるかと思うと、それほど苦にはなりませんでした。

そうしていよいよインプラントのうえに歯がネジ留めされましたら、これまでとはくらべものにならない世界がひらけました。まず、はずれる心配がないので下顎だけでなく、舌も自由に動かせます。しばらくして、なじんでくると昔の歯がそろっていたころの感覚を取り戻しました。

翌年、私は上も同様にインプラント手術をうけました。上顎は下顎より、骨が脆弱ということで7本いれています。

いまでは、まったく歯があったころの生活を取り戻しています。この状態が永く続いてくれることを願っています。

Nさん(柏市在住 62歳・男性・会社経営)

私は、1990年2月に、長年放置した虫歯を徹底的に治療していただきました。歯医者に通うのがいやで放置してあったのですが、意を決して柏の葉の宮地歯科に飛び込んだしだいです。下の前歯以外は殆ど治療して被せてあるという状態です。左下は奥歯がないため、ブリッジを架けることもできないので、骨のなかに支柱を埋め込むということになりました。怖かったのですが、入れ歯はいれたくなかったので決断しました。

それいらい、半年に一度のペースでアフターケアをうけています。お蔭様で、歯をけずったり、つめたりする治療とは無縁で過ごさせてもらっています。

行く度に歯科衛生士に口のなか全体をすっかりきれいにしてもらってすっきりします。私はタバコをすうのですが、そのたび、ヤニもとってもらっています。

左下のインプラントやその他の部分も今のところ、まったく問題ないそうです。

Mさん(流山市在住 52歳・男性・外資系企業日本法人社長)

私が、インターネット検索で、ノーベルバイオケア社のホームページを見つけ、近くの宮地デンタルクリニック柏の葉を訪ねたのは2004年の4月だったと思います。最も伝統のあるブローネマルクインプラントを使用しているクリニックという事で掲載されていたようでした。

さほど、痛みも経験することなく3回の手術をうけて、左上の奥歯から右前の前歯まで9本のインプラントを埋め込んでいただきました。そして、そのうえにはセラミックの歯がネジ止めされています。自分の歯と見分けがつかないほど綺麗でしっかり咬めるので非常に満足しています。

その後は3ヶ月に一度のペースでアフターケアに通って、口の中をハイジニストに清掃してもらっていましたが2005年の秋に英国赴任が決まり、単身赴任を致しました。2007年の冬には日本支社に戻りましたが、休暇のたびにやはり宮地先生のところでアフターケアを受けていました。

現地でなにかトラブルが起きた場合に備えて、世界中に散在するノーベルバイオケア社の支店のなかからロンドン支社の住所、電話番号を教えていただきました。ここに連絡すれば、しかるべきインプラントロジストを紹介してもらえるとの事でしたが、幸いご厄介にならずにすみました。

グローバルな舞台で活躍される方にはノーベルバイオケア社のインプラントに限る。

というのが宮地先生の持論だそうです。

近代インプラントの創始者の名前を冠したブローネマルクインプラントは、世界中で何処にいっても対処してもらえる利点もある、と知り安心致しました。

Tさん(流山市在住 79歳・主婦)

上下入れ歯で長年すごしてきましたが、上は3本歯があり、しっかりと安定して見栄えも悪くないのですが、最近は下のほうの歯ぐきがやせたせいか、ゆるくなってきていました。何度かピンクの部分を裏打ちしてもらったのですが、半年くらいで、またゆるくなってきます。

インプラントを紹介されて、少し怖かったのですが、入れ歯がしっかり留まればと思い切ってお願いしました。

糸切り歯のすこし手前の辺りに2本埋めていただき、それらが、横棒でつながっています。その横棒を、入れ歯に仕組まれたクリップで挟むようになっています。取り扱いは簡単で、入れ歯がしっかり留まっています。食べたり、笑ったりで浮き上がることはまずありません。やってよかったと思います。

PAGE TOPへ